慰謝料の有無

後遺障害14級が認定されることで、入院通院の慰謝料に加えて、後遺障害の慰謝料を請求することができます。だからと言って、被害者は必要以上に後遺障害を認定してもらうべく過剰にふるまうのは違法です。医師、弁護士に適正に判断してもらいましょう。後遺障害14級に対する慰謝料が自賠責基準と裁判基準では随分差が開きます。自賠責保険の基準では、32万円と定められています。

また、裁判所での判断は、110万円と差が出ています。だからと言って、なにがなんでも後遺障害14級を得て、裁判で勝つなんてヤケになったり、あまりに強い被害者意識を持つことは危険です。後遺障害14級で9つの条件を説明しました。機能の廃止や欠損は目に見えるため診断でも分かりやすいのですが、9つめの神経症状に関しては、医師の判断も難しく、目に見て明らかに分かるものではありません。例えばムチウチ。首や肩の痛みや手足のしびれなどですが、非常に判断しづらいです。医師も細かく、症状を分析しそれによる生活への支障がどの程度なのかを聞き取り判断します。被害者としては、少しでも多く慰謝料を取りたいという気持ちがあるので、症状に対して大袈裟に言う人もいます。



コメントは受け付けていません