Menu

後遺障害14級

0 Comments

慰謝料の有無を決めるのが、後遺障害14級の認定の有無です。しかしこの等級も認定されるには、9つの条件があり、どれか1つに該当する必要があります。そうでないことには、打撲や捻挫など軽傷なおかつ、治療で治るもの関しても、ずっと慰謝料を払うことになってしまいます。交通事故が起きるのはもちろん加害者の不注意が大きいですが、全てが加害者の責任になると、加害者もまた返済の被害者になります。後遺障害14級認定に必要な条件、9つを見てみましょう。

まず1つめ、眼のまぶた一部に欠損もしくはまつげはげが残るもの。2つめは、三歯以上に歯科補綴をしたもの。3つめは、片耳の聴力が1メートル以上の距離で小声でも聞き取れない。4つめは、上肢の露出面に、手の平程度の傷跡が残る。5つめは、下肢の露出面に手の平程度の傷跡が残る。6つめは、手の親指以外の指の一部を失った。7つめは、手の親指以外の屈伸機能をうしなった。8つめは、足の第三親指以下もしくは第二の足指の機能を廃した。9つめは、局部に神経症状を残した。これらの9つに該当する場合に、後遺障害14級が認定され、慰謝料や補助を受けとることができます。9つめの神経症状は医師の診断でも難しくトラブルになることもあります。