• 慰謝料の有無

    後遺障害14級が認定されることで、入院通院の慰謝料に加えて、後遺障害の慰謝料を請求することができます。だからと言って、被害者は必要以上に後遺障害を認定してもらうべく過剰にふるまうのは違法です。医師、弁護士に適正に判断してもらいましょう。後遺障害14級に対する慰謝料が自賠責基準と裁判基準では随分差が開きます。自賠責保険の基準では、32万円と定められています。

    また、裁判所での判断は、110万円と差が出ています。だからと言って、なにがなんでも後遺障害14級を得て、裁判で勝つなんてヤケになったり、あまりに強い被害者意識を持つことは危険です。後遺障害14級で9つの条件を説明しました。機能の廃止や欠損は目に見えるため診断でも分かりやすいのですが、9つめの神経症状に関しては、医師の判断も難しく、目に見て明らかに分かるものではありません。例えばムチウチ。首や肩の痛みや手足のしびれなどですが、非常に判断しづらいです。医師も細かく、症状を分析しそれによる生活への支障がどの程度なのかを聞き取り判断します。被害者としては、少しでも多く慰謝料を取りたいという気持ちがあるので、症状に対して大袈裟に言う人もいます。


  • 後遺障害14級

    慰謝料の有無を決めるのが、後遺障害14級の認定の有無です。しかしこの等級も認定されるには、9つの条件があり、どれか1つに該当する必要があります。そうでないことには、打撲や捻挫など軽傷なおかつ、治療で治るもの関しても、ずっと慰謝料を払うことになってしまいます。交通事故が起きるのはもちろん加害者の不注意が大きいですが、全てが加害者の責任になると、加害者もまた返済の被害者になります。後遺障害14級認定に必要な条件、9つを見てみましょう。

    まず1つめ、眼のまぶた一部に欠損もしくはまつげはげが残るもの。2つめは、三歯以上に歯科補綴をしたもの。3つめは、片耳の聴力が1メートル以上の距離で小声でも聞き取れない。4つめは、上肢の露出面に、手の平程度の傷跡が残る。5つめは、下肢の露出面に手の平程度の傷跡が残る。6つめは、手の親指以外の指の一部を失った。7つめは、手の親指以外の屈伸機能をうしなった。8つめは、足の第三親指以下もしくは第二の足指の機能を廃した。9つめは、局部に神経症状を残した。これらの9つに該当する場合に、後遺障害14級が認定され、慰謝料や補助を受けとることができます。9つめの神経症状は医師の診断でも難しくトラブルになることもあります。


  • 交通事故での後遺障害は弁護士へ相談

    交通事故に遭ってしまった、その後それが原因で身体に障害が残ってしまった人、その可能性がある方は、弁護士に相談を。交通事故を専門に扱う弁護士に相談することで、適正な障害の等級とそれによる損害賠償を受けることができます。

    参照—交通事故の後遺障害等級認定サポート|後遺障害認定サポート
    交通事故による後遺症の障害認定を行っている法律事務所のサイトです。

    後遺障害14級という等級があり、その等級をもらえるかもらえないかにより弁済としてもらえる賠償金や受けられる制度が異なります。障害ですので、一時的な捻挫や打撲など治療ができて治るものに関しては、後遺障害とは言えません。きちんと医師により診断が行われます。弁護士は加害者、被害者の立場に中立でなければいけません。後遺障害と認められる場合には、後遺障害14級を認定し、その後の暮らしに支障がないように保険などが降りるようにいたしますし、逆に過剰に後遺障害を訴えた場合は医師の診断書が適正であるのか、交通事故の現場などを再確認し、公平に判断ができるように努めます。

    後遺障害14級が認定されるには、条件が9つあり、その中の1つでも当てはまれば、後遺障害と認められます。しかし、むちうちなどの神経症状のような目に見える部分ではない患部の判断がとても難しいです。例えば関節痛。交通事故以前に患っていたが、交通事故で悪化した(ような気がする)などは判断にしにくいのです。当人同士では、なかなか決着がつかないことなので、第三者である弁護士を入れることで、話をまとめます。以下では詳しく、14級の説明をします。